上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 三連休初日。

 今回久しぶりに同伴者アリのプライベート釣行。

 釣法はウキフカセ。

 対象魚はグレ。

 場所は沖磯。

 セッティングは全て、今回お誘い頂いた知り合いのベテラン釣師Fさんにしていただきました。感謝感謝です(^^)

 今回は初めて朝の一番船にて沖磯へ渡りました。

 ポイントは今回で三度目となる「ウマのハナレ」

 一投目から、エサが底まで通ったようで巨ベラが掛かり、二投目には25cmオーバーのメバルをゲット。

 エサ取りが少なく、今にドラマが起きるのでは!?

 なんて期待をしてみましたが、ここからエサ取りが湧き出し、アタリ無くエサが掠め取られ続けます。

 状況は10時近くまで変わらず、その間に天気予報とは裏腹にウネリが強くなり、1発頭から波を被り、身の危険を感じて磯代わり。

 新たなポイントもFさんの、指示のもと玉川長岩へ。

 釣果は望めませんでしたが、この選択は結果的に正しかったと後で知ります。

 こちらの磯も潮さえ動けば釣果が期待できるとのことでしたが、全く潮が動かず、前半はフグに悩まされ、後半はどこに投げても、どのタナに入れても掛かってくるのは手の平サイズのアジというアジ地獄。

 結局今回、まともな魚は朝一に掛けてたメバルのみ。

 グレはコッパすら釣れませんでした(T_T)

 釣行後、朝イチに乗った磯は波に洗われていて、また移動先の案に上がっていた磯も危険な状態。

 釣果以前に、まずは安全と安心に釣りをすることが重要ですから、Fさんの判断力には脱帽するばかりです。

 まぁそんな訳で、今回もまったく画像なし。

 きっと今回は釣果に恵まれ画像に困らないと思ったんですがね…大甘口でした(^^;

 さて今年中にあと何回釣行できるか分かりませんが、なんとか釣果をだして締めたいものです。

 
 なかなか週末天候に恵まれなかったり、諸用が入ったりで海に向かうことができません。

 今回の予定では前土曜日に釣行を考えていたのですが、あいにくの天気のため1日延期しこの日にしました。

 天気予報では若干波が高そうですが、まず予備のポイントを見に行くと天気予報程波もなく、まずキープし別をあたってみます。

 人気の有りそうな磯に着き、当初予定していたポイントは残念ながら一人入っていましたが、帰路につくところ、そこで入れ替わりで入ろうかとも考えましたが、より人気のありそうな磯の方になんとか入れそうな雰囲気だったので、そちらにすることに。

 その磯の本命ポイントは波を被り、またルアーメンが1名いらっしゃったので、その後ろ側に座を構えました。

 今回も狙いはウキフカセでグレ。

 餌を撒き出した途端にルアーメンさん帰宅。もしかしたら私が邪魔だったのかもしれません(^^;

 今回はエサトリが木っ端グレで時折25cmオーバーが掛かってきます。

 この時期のグレは初めてなので、25cmサイズでも丸々太っているのか重量感が違うような…このサイズでも釣り味があると感じましたが気のせいでしょうか!?

 今回は終日エサトリも本命も木っ端、足の裏グレで、10時~1時頃までは徐々にタナが浅くなり釣れ続けましたが、2時頃からパタリと釣れなくなります。

 餌も残ってくるので大型魚でもいるのかと期待して、仕掛けを重くし深場を探りますが、結果ナーンにもなし。

 グレ釣りはタナが時間とともに慌ただしく変化するのでしょうかね。

 今の私では、釣れないと仕掛けを重くしていくクセが抜けないので、ここを直さないといけないように感じた次第です(^^;

 さて今回、地磯でもそれなりにグレ釣りが成立すことは確認でしました。

 しかし、地磯に訪れる釣り師はルアーメンかカゴ師、ウキフカセはあまりしないようですね。

 私自身、青物とのヤリトリをする姿を拝むと、そっちに浮気したくなります(笑)

 さて今週末は、運良くまたベテランの釣り師さんに釣りにお誘いいただいたので、チョイとイイとこ行ってきます♪

 せっかくなので山ほど質問事項を持って、現地でレクチャーしてもらおうかな♪♪

 でわでわ…

 ここ1ヶ月ほど腰痛に悩まされています。

 今は患い始めた頃よりはだいぶ楽になりましたが、負荷をかけるとスグに腰痛が再発し時には足に痺れがくることも…。

 今回の釣行時も納竿1時間前には足に痺れが…まぁ久しぶりにバッカン二杯分撒いたからかもしれませんけど(^^;

 さて、今回は知り合いのベテラン釣師さんにお声がけを頂き、またまたイベントに参加してまいりました。

 場所は私”初”となる音海。

 対象魚は、これからシーズンとなるグレ。

 イベント受付後にクジを引き、船で渡された磯は確か”TOCHIGASIMA”と後で教えてもらいました。
(名称違っている可能性大)

 私と一緒に乗った方は、京都よりお越しの老師。

 軽く2,3言葉をかわして、各ポイントに別れました。

 午前6時よりプレイボール…ですが、準備に手間取り私は15分頃にやっと竿を出せました。

 おっとその前に、
141026.jpg
 ポイントから見える風景をパシャリ。

 今回も真剣に釣りを続けたため、画像はコレのみとなってしまいました(^^;

 開始早々、小さな本命さんを連チャンしましたが、30分も立たない間に、足下はエサ取りのアジが湧き、手に負えない状態となります。

 アジの下には小さめのグレの姿も見えますが、サシエが通ることはありません。

 場所交代の9時までに、同調させない釣り方でなんとか2尾ほど追加して交代。

 後で聞いた話では、移動した場所が本命ポイントだったそうです。

 ですがこちらも足下にアジの絨毯。

 しかし、こちらは足場が高く、エサ取りの動きがよく見えるため、エサ取りの動きを見ながら釣りをすることで、5尾ほど追加しましたが、そのうち2尾を活かしバッカンに入れる際に失敗し海にお帰りになられてしまいました。

 それから納竿30分前から、エサ取りが沖に出なくなったので、沖を攻めると、25cm未満のチャリコ君ゲッツ。

 今日一番のヒキを味あわせてくれたのはその子でした。

 ここで自分の中で対象魚がグレから真鯛に切り替わり、さっきのお父さんお母さんを探してみましたが、残念ながら姿を拝むことなくタイムアップ。

 結果、規定数量の10尾を揃えることなく検量を行い、それでも予想以上の順位を頂くことができました。

 やはりどこもエサ取りがキツくて大変だったようです。

 やっぱり沢山の人と、釣りをするのって大変ですけど楽しいですね。

 順位付けされると、自分のレベルが上ったような錯覚を持てますから(笑)

 逆も然りですけどね(^^;

 しかし釣行後、ベテラン釣師さんやその師匠さんの話を伺っていると、イロイロと自分の釣り方が間違っているようだったので、まだまだこの釣りの経験が必要だと痛感いたしました。

 今年中に、あと何回沖磯にイケるか分かりませんが、とりあえず今は回数をこなして、経験値を増やしていきたいと思います。

 今週末も行けたらいいんですけどね…。

 

 台風が一つ過ぎていくたびに、寒くなっていきますね。

 今年はそれに比例するように、私の釣果も寒くなってきました(笑)

 そんな訳で、今回は二回分をまとめてupです。

10/8

 平日ですが、月光に引き寄せられるようにアオリイカを狙いに海へ出撃しました。

 運がイイのやら悪いのやら…この日はなんと皆既月食。

 午後7時前には、いつもの釣場の一番釣り易いポイントに入れましたが…アタリすら拾えず、皆既月食を始まりから終わりまでをシッカリと見ることができました(笑)

 月食も9時には終了し、それからムーンパワーの力を得ることができ、風も追い風へと変わり、潮がいい感じに流れだし、条件が全て揃ったはずですが…結果アタリすらなく10時前に納竿。

 場所が悪いのか腕が悪いのか…これで今シーズンはエギングロッドを振ることも無いかもしれません。

 10/12

 本当は前日に釣行を予定していたのですが、天気予報が突如変わる気配を感じて保留した所、ドンピシャ。

 当日の新聞に波が2.5mと記載されていました。

 これでは3連休中、釣りはできんと思いましたが、翌日12日は波がやや低くなる予報だったので、この日、正午プレイボールを目指して、久しぶりにHGでフカセで黒鯛とは言わずチンタを狙ってみました。

 たまに、お気楽フィッシングがしたくなるので、イスに座ってのんびり釣りをしようと企てていたのですが…現地についてからイスを忘れたことに気づき、軽くショックを覚えます(笑)

 案の定と言いましょうか、連休効果や釣り場の選択肢の縮小等もあって、HGは賑わっており、入れる場所が限定されていました。

 まぁ想定内だったので、適当な場所に入り準備を始めたトコロ、第一候補地の釣り客が帰宅されたので、即そちらに移動。

 しかしこのポイントは絶えず潮の流れが不規則に変わる場所のため、お気軽フィッシングができなくなってしまいました(^^;

 オマケに、小フグが沸いているようで、エサ取りに悩まされます。

 ただ、今年は沖磯で修行してきた甲斐があってか、少なからず「釣りのひきだし」が増えたようで、あの手この手と、釣り方を変えることができるうようになった気がします。

 そしてなんとかアタリが出て、魚を掛けました…ん~なぜキスが釣れるんだー!?

 その後も何故かまたキス(ーー;

 それから手の甲チャリコ、手の平チャリコを掛けた後、またも良型キス…。

 この時期ならば、気軽にやってもチンタぐらいは簡単に釣れるとたかをくくっていたので、これには想定外。

 ヤバイ、今日もボーかと天を仰いでラスト数投となった時に、ウキが引ったくられるように入り、やっと納竿直前に25cm前後チンタ君が釣れました。

 まさかこのサイズを釣るのに苦労するとは思いませんでした(^^;

 さぁこれから連チャンかな!?と期待するも、本日はこれ1尾にて終了。

 釣行後、近くで釣りをしていた老師が私のポイントに入りたいとやってきて、少し話をしてみると、なんでも今年はHG近辺は黒鯛が不調だと話されていました。嘘か真か、周りではチンタすら釣れていないよとも言っていましたが、見た限りベテランの黒鯛師ばかりだったので、釣れてもリリースしてしまうでしょうから、これは確証ないところですが。

 ただ、「湾内の底にヘドロやタールが溜まりだしている。魚が釣れても湾内で釣れた魚は臭いから食わん方がいい」みたいな事を老師は話していたので、そんな湾内の環境の変化等もなにか起因しているのかなと考えてしまうところです。

 最近はHGで竿を出すことが減りましたが、願わくば早く魚っけが回復して欲しいですね。

 さて、今週はまた沖磯に赴こうかと考えていましたが、お知り合いの釣師の方から、新天地へのお誘いを頂いたので、それに向けて資金を捻出しないといけないので、今週は行けてもお金の掛からない釣りをしようかと考えています。

 海さえ荒れなければ、今シーズン本当に最後のエギングでも行ってこようかな~。

 また新天地での釣行については、また改めてご報告させていただきます♪
 
 今回は久しぶりに沖磯へ行ってきました。

 対象魚はグレ。ウキフカセで狙います。

 天気予報では波がやや高かったので、朝になってから渡船屋さんに連絡。

 すると驚いたような声で、「午後からですか!?」と再確認。

 原因は、現地に着いてからなんとなく理解できました。

 釣り人が私以外にもう一組しかいらっしゃませんでした。

 まだ時期的に早いからかと思いましたが、後で聞いた話では、アジが沸いていて釣りづらいからとか。

 その一組の釣り人を伺うと、なにやら見たことがある風貌の方がいらっしゃいました。

 なんとその人は、福井では有名な磯釣り専門のブロガーさん。


 ぱっと見は、近づきがたい雰囲気を感じましたが、船に乗る際、気さくに話しかけて頂き、また入るポイントの優先権まで与えてくれました。

 そこで、いつもその方のブログを拝見していることを伝えると、ガッチリ握手までしてくれました(^^)

 こういう時って、チョット嬉しくなりますよね(^^)

 その方々は先に磯に降りられました。

 さすがベテラン組ですね、私では絶対選択しないような、やや危険に思える磯を選ばれます。

 そんな光景を見ながら私は長崎のハナレに乗せてもらいました。

 磯に上る前に、船長さんからこの磯での釣り方をレクチャー。

 釣り客が少ないと、イロイロと教えていただけると聞いていましたが、こう丁寧に教えていただけると、それだけでも来た甲斐を感じてしまいます。

 釣りを始めると、情報通りものすごい数のエサ取りが湧き集まりだしましたので沖を狙ってみますが、沖だとエサが盗られずに残って戻ってきます。

 しかし手前を釣るとエサが瞬殺。

 これは、釣りが成立しないと心が折れかかったところで、以前知り合いの釣師の方が言っていた言葉を思い出しました。

『撒餌を撒いて、グレの動きを見て釣りをしろ』

  その時は何を言っているのかよくわかりませんでしたが、よく目を凝らして海の中を見てみると、表層にはカワハギ等のエサ取りが湧いていますが、その一段下には、中型の魚影が右往左往していることろが見えました。

 そこで、足下に撒餌を撒いて、少し離れた所に仕掛けを入れて、馴染んでから撒餌を撒いて、やっとこさ足の裏サイズが釣れるようになりました。

 しかし2,3尾釣り上げると、エサ取りで釣りにならなくなりますが、際を中心に各ポイントを休ませながら、なんとか27cmを頭に二桁の数釣りをして納竿。

 釣行後に聞いた話では、ベテラン組さんが乗られた磯はアジが沸いて釣りにならなかったとか。

 こちらは、アジは少なかったのでそれだけでも救われたのかな(^^;

 14092702.jpg

 さて今年はあと何回、このような夕陽が拝めるのでしょうか。

 徐々に陽が短くなってきましたので、シーズンが終わるまでに一度は一日通して釣りがしたいものです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。